2012年01月26日

「グーグル秘録」と 「ネット・バカ」

昨日新聞記事に触発されて図書館から借りてきた二冊の本です。
20120126180611

「グーグル秘録」完全なる破壊、と
「ネット・バカ」インターネットがわたしたちの脳にしていること。

両方とも2010年に書かれた本です。

グーグル秘録のはじめにと第一章の50ページほどを今日読みましたが
久しぶりにじっくり精読してみようかな、と思わせる内容でした。


ネットバカの方は訳者あとがきをチラッと読んだだけですが、
この本のベースとなった論文が、

Is Google making Us Stupid?(グーグルでわれわれはバカになりつつあるのか?)

だったということを知り、これまたさらに興味がわいてきました。


それにしても10年以上前に初めてGoogleを使ったときは、これはスゴイ!と
驚嘆した記憶があります。
当時はYahooやgooを主に使っていたのですが、比較にならない、と直感しました。

今ではGmailやChromeをはじめGoogleの存在はなくてはならないものになっています。

でも、このままでいいの?という思いもどこかにあるんですね。



寒いこの時期は比較的暇で読書が進むのですが、今日のお昼は何故かその時間が取れませんでした。

どちらがいいのかしら?

bzj01031 at 21:00コメント(0)トラックバック(0)  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

蕎麦空ホームページ
recent Comments
number of visitors

    archives
    QR code
    QRコード
    記事検索
    • ライブドアブログ